PASTORS and STAFF牧師・宣教師紹介

グレース宣教会の牧師や宣教師を
紹介します!グレース宣教会は
牧師チームにより
教会を運営しています。

堀内 顕(ほりうち あきら)

グレース宣教会 長老牧師

戦後の混乱する東京で学生時代を過ごし、キリストを信じる。高校生の救いと育成に情熱を燃やし、Hi-b.a.を共同創立。1965年より大阪府八尾市に「グレース宣教会」をゼロから開拓。現在「グレース宣教会」は、全国に20教会を教会開拓するほどに発展している。
2016年11月にグレース宣教会創立終身長老牧師に推戴。88歳にして、愛妻、明子夫人と共に聖書信仰に歩んでいた。2020年12月11日に平安のうちに召天された。
JIFHの創立理事長、「天国への待合室」(社会福祉法人キングズガーデン三重)の設立にも尽力する。 米国シカゴの名門トリニティー国際神学大学院100周年記念式典にてトリニタリアン・アワードを、ジョン・ストット氏、ラビ・ザカライアス氏と共に受賞。

藤﨑 秀雄(ふじさき ひでお)

グレース宣教会 代表

高校3年春にキリスト様と出会う。社会人となった後、東京基督神学校で学び、33歳で母教会グレース宣教会の牧会チームに加わる。
愛唱聖句:ヨハネ3:30
同居人:明るい同年の妻、音楽家&カレー職人の息子(次男)
好きな事:数学と水泳、モノの修理
モットー:「やってみよう!」
好物:リンゴとチーズとお茶

安田 正(やすだ ただし)

グレース宣教会 副代表

1956年1月28日双子の次男として生まれる。 関西外国語大学スペイン語学科卒業。10年間営業マンとして働き、牧師となる召しを受け、関西聖書神学校 (塩屋)で学び、現在に至る。趣味はテニスと釣り。娘が4人 孫が2人います。

青木 保憲(あおき やすのり)

1968年愛知県生まれ。同志社大学大学院神学研究科卒(神学博士)。同志社大学嘱託講師。ナッシュビルのクライストチャーチと交流を深める。映画と教会、そして説教をこよなく愛する。座右の銘は「生きることは学ぶこと。学ぶことは生きること」、そして「May the FORCE be with You」。著書に『アメリカ福音派の歴史』(2012年、明石書店)。

今倉 守(いまくら まもる)

1961年に生まれ。生後6か月で敗血症脳膜炎を患うが助かり、13歳で受洗。 大学卒業後大阪に就職し、グレース宣教会で信徒訓練を受け、9年後に牧師となる召しを受ける。東京基督神学校卒業後、1997年に紀勢チャペル牧師に就任。宣教と老人福祉を兼任し、現在に至る。家族は、妻と娘。趣味は物づくりと家庭菜園。

大久保 八城(おおくぼ やしろ)

5人の子供と妻の7人家族。子供は全員結婚し、家族持ち。孫は13人。 2020年9月に70歳になり、子供たち家族が「古希の祝い」をしてくれた。2019年4月から、完成した完全二世帯住宅に次男家族が二階で、私たち夫婦は一階でと新しいライフスタイル(?)を開始。老猫2匹と同居中。趣味は読書とスポーツ。

緒方 邦彦(おがた くにひこ)

1957年生まれ。9歳のクリスマスに入信。高校2年生で洗礼を受け、7年間の社会人を経て30歳で神学校へ。現在三重県にある紀勢チャペル、老人ホーム共生園で奉仕中。妻との間に2男3女。

金大弘(キム・デホン)

1968年韓国南の田舎生まれ。小学生の時、誘われて教会は行ったものの、信仰には中々入らず。大学1年生の時、友人の伝道から創造論に興味を持ち、時間はかかったが信仰を持つに至る。韓国のキャンパスクルセードより来日。日本語を学び、経済学を専攻。その後献身して牧師となる。ビジョンは、日本のリバイバルを見ること。釣りとぼーっとするのが大好き。

木村 美紀子(きむら みきこ)

1989年東京キリスト教短期大学卒業後、グレース宣教会で牧会。日曜学校、シオン児童合唱団の顧問。愛読書は聖書と料理本。性格は明るく積極的で好奇心旺盛。趣味は園芸、絵画観賞、旅行。

向頭 源太(こうとう げんた)

1983年大阪生まれ大阪育ち。小学生の夏、教会のキャンプで始めて信仰を持つ。 高校生の時に天地創造の神様とイエス様の愛を伝える為に人生を用いようと決心。 電子機械工学を学び設備機械開発製造会社に就職。 2014年関西聖書神学校を卒業し、現在に至る。趣味はDIY。

田村 治郎(たむら じろう)

Hunger Zero日本国際飢餓対策機構のスタッフとして、世界で飢餓と貧困と闘う人々と、 日本に住む人々とを繋ぐ橋渡しができればと、東奔西走しています。

河車奉(ハㆍチャボン)

1970年、4代目のクリスチャン家庭で生まれる(韓国)。 神学大学校(総神大学校)4年生の時、宣教師として献身する。 2006年、日本の宣教師として韓国のサンジョンヒョン教会から派遣される。 趣味は、山登り(富士山、北アルプスの槍ヶ岳等を登った)。 4人家族:妻の孫恩珠(ソンㆍウンジュ)、長男の眞(ジン)、次男の朗(ラン)。

安田 豊(やすだ ゆたか)

1956年に大阪府柏原市に生まれる。18歳でイエス様を信じ、その後、東京キリスト教学園へ進学。卒業後、大阪と奈良で8年間、開拓伝道に携わる。その後、日本CEF(児童福音伝道協会)の総主事に就任。現在、山口県柳井市の「やないグレースチャペル」牧師。

吉田 正晴(よしだ まさはる)

1956年1月生まれ、20歳の時、生きる希望を失っていた者が、キリスト様に出会い、人生が変えられ、献身。聖書宣教会卒業後、牧師として主に仕える。2004年にグレース宣教会のチーム牧会に加わり、現在に至る。今は、キングスガーデン三重・大台共生園施設長も兼務。 趣味は、詩吟と読書。好きな食べ物は、豚骨ラーメンと辛子明太子。

与那覇 恭子(よなは きょうこ)

1974年大阪府堺市生まれ。高校生の時にクリスチャンとなり、東京基督教大学を卒業。現在、主に中高生に人生で大切なことをメッセージしている。カフェと海とが好き。最近サーフィンサークルを発足。

与那覇 博(よなは ひろし)

沖縄県石垣島生まれ、小学2年生より大阪八尾市に家族5人引っ越し、現在に至る。 2011年、当時グレース宣教会の伝道師であった妻と結婚して、献身表明し、関西聖書学院(KBI)1年コース修了後、伝道主事として、仕える。夫婦で中高生伝道の働きをする。手話通訳の奉仕をしている。 趣味は、漫画、アニメ。音楽も好きで、現在、坂道グループを注目している。

李宗根(リ・ジョンクン)

1971年韓国生まれ、2002年宣教師として来日。「救済史シリーズ」の普及に全力を尽くしている。DIYが大好きだが、いつまでも素人の感じ。二人の娘に恵まれて毎日が幸せでいっぱい。

ドリーン•アイヴィ(Drene Ivy)

米オハイオ州クリーブランド生まれ。4歳からピアノを弾き始め、8歳でベートーベンの楽曲を弾きこなす。中学時代にピアノで奨学金を得て、ダーラム大学に飛び入学。21歳までに6枚のソロアルバムを発表。クリーブランド州立大学でピアノとジャズ理論の歴史を教える。 後に、「天使にラブソングを」で有名なOh Happy Dayの作者、Edwin Haskins の専属キーボード奏者となり、全米で活躍する。 2018年に米国での活動を休止し来日。

CONTACTお問い合わせ

お気軽にご相談・お問い合わせください。