ABOUTグレース宣教会とは

グレース宣教会(Grace Mission)は、
聖書を神の言葉として信じ、
全人的な共生を実践する
福音派のプロテスタント教会です。大阪府八尾市を中心に全国に20のチャペルがあります。

HISTORY沿革

 1965年、東京で高校生伝道(hi-b.a・ハイビーエー)に従事していた堀内顕牧師夫妻の赴任によって大阪府八尾市に始められました。当時は八尾福音自由教会という名前でした。
宣教の働きによって八尾市内に、15年間で5つの会堂(高安、高美、久宝寺、山本、八尾)が生み出されました。それから、東大阪市に枚岡チャペル、東京に東京新宿会堂(現東京チャペル)、奈良市に学園前チャペル、柏原市に柏原会堂、そして1985年、宣教20周年の記念会堂として、神の豊かな恵みを感謝し、「グレース(恵み)大聖堂」を竣工。
さらに、奈良県に香芝チャペル、三重県に紀勢チャペル、羽曳野市に高鷲チャペル(現はびきのチャペル)、八尾市に志紀チャペル。2001年、グレース大聖堂の隣に「GMセンター」を建設。2004年、三重県に大台チャペル、GMセンター内に中高生の教会「ユースネーションズ八尾キャンパス」をスタート。
2005年、グレース大聖堂・GMセンターに隣接する「ユースハウス」をスタート。2006年、山口県に田布施伝道所、ユースネーションズ奈良キャンパス。2007年、大阪市東住吉区に白鷺バイブルハウス(現しらさぎチャペル、2009年、奈良香芝市に二上チャペル、2017年、東大阪市に若江チャペル、2018年、奈良県奈良市に登美ヶ丘グレースチャペル、2018年、やないグレースチャペルと、国内に現在20のチャペルを持つグループに至っています。また、宣教協力教会として、大阪府 泉北郡 に楽園教会、大阪市に小路キリスト教会、東大阪市に、鴻池キリスト教会、京都府に洛西上里チャペル 。海外には、アメリカ(シカゴ) Three Rivers Church 、New Beginnings Church 、アメリカ(ハワイ)International Japanese Christian Church 、韓国にサンジョンヒョン教会があります。

1964年 グレース宣教会宣教開始
1965年 高安会堂献堂
1971年 高美チャペル
1975年 久宝チャペル
1980年 八尾チャペル
1982年 枚岡チャペル/東京チャペル
1985年 学園前グレースチャペル/柏原チャペル/グレース大聖堂(20周年記念会堂)
1989年 香芝チャペル
1991年 紀勢チャペル
1993年 はぴきのチャペル
2001年 G.M.センター(本部事務所)
2004年 大台チャペル/ユースネーションズ
2006年 田布施伝道所
2007年 しらさぎチャペル
2009年 楽園キリスト教会
2010年 二上チャペル
2017年 若江チャペル
2018年 登美ヶ丘グレースチャペル/やないグレースチャペル
画像:グレース大聖堂|チャペル一覧

支援協力教会SUPPORT CHURCH

  • ● スリーリバース・チャーチ(USA,Ill.Chicago)
  • ● ニュービギニングス・チャーチ(USA,Ill.Chicago)
  • ● ニューセンチュリー・チャーチ(Philippines)
  • ● インターナショナル・ジャパニーズ・クリスチャン・チャーチ(USA,Hawaii)
  • ● 山亭峴教会(韓国)
  • ● 金浦ハイチャーチ(韓国)
  • ● 洛西上里チャペル(京都府)
  • ● 小路キリスト教会(大阪府 大阪市)
  • ● 鴻池キリスト教会(大阪府 東大阪市)
  • ● つばめさわ教会(宮城県 仙台市)
  • ● SOMA府中(東京都、府中)

高齢者福祉の働きWELFARE

社会福祉法人 キングスガーデン三重

① 特別養護老人ホーム 共 生 園
三重県度会郡大紀町崎1785
TEL:0598-74-0211
② 在宅介護複合施設
③ 特別養護老人ホーム 大台共生園
三重県多気郡大台町千代997
TEL:0598-84-6521
④ グレース・ケアプラン・センター
大阪府八尾市東山本町1—15
TEL:072-942-6886
画像:グレース宣教会

PHILOSOPHY理念

 私たちのグレース宣教会は、聖書に基づき、イエス・キリストを救い主、及び人生の主と信じる者達が、その御名のもとに集められているキリストの体なる共同体です。
私たちは、主イエス・キリストにある愛の共生的交わりを深め、互いに真の奉仕に励み、主イエス・キリストにより与えられた福音宣教の使命を全うし、神の国の建設に励むキリスト教会です。
「すべての造られたものに福音を」とのキリストの御命令に応えて、私たちはこの八尾市から、「主の業」を世界にまで広めるために、熱心に祈り、忠実に働きます。そして、主イエス・キリストの御再臨の日を期待しつつ、伝道と聖徒の建徳の業、共生の生活を最優先的に実行します。

[ 参照聖句 ]
ローマ12~15章 Ⅰペテロ2:9 マタイ16:18 エペソ1:23
エペソ5:23 エペソ4:11~16 マタイ28:18~20 使徒1:8
使徒2:32 出エジプト19:5,6 Ⅰコリント15:58 イザヤ54:2~3
ヨハネ13:34,35

私たちの教会の特徴
「7つのスピリット」

グレース宣教会は、ひとつ(エペソ4:16,Ⅰコリント12:4~31,ガラテヤ3:26~28)

複数チャペル・チーム牧会を宣教の方策とするが、主イエス・キリスト様のからだとしてひとつの教会。 あらゆる働きにおいて全チャペル・全ての働き人が共生して歩む。

恵みに応える献身者の群れ(Ⅱコリント8:9,ガラテヤ2:20~21,エペソ2:1~10)

救い主イエス・キリスト様の十字架と復活を常に感謝し、この恵みに応えて、神様へ捧げ、人を愛し仕え、真心から奉仕します。(献身者の群)

日曜礼拝を大切にし、祈り会を重視(イザヤ58:13~14,出エジプト20:8~11,ヘブル10:25,ヤコブ5:13~16、マタイ6:33)

クリスチャン生活の基本である「日曜礼拝」を優先し、互いに心を合わせて祈る週の半ばの「祈り会」を大切にします。

聖書の言葉に従う、敬虔な生活(ヤコブ1:21~25,マタイ7:24~27,テトス2:12~14,Ⅰペテロ1:13~16,Ⅱペテロ3:10~11)

神様の言葉、聖書に従い、いつも喜び、絶えず祈り、あらゆることを感謝する生活。 この罪の世界にあって、主の再臨に備え、敬虔できよい生活をおくり信仰の証しをする。

全人的な共生の実践(ガラテヤ6:2,レビ25:35~38,申命記15:7~11,Ⅰヨハネ3:16~18)

心、魂だけでなく、人の全生活に関わる必要に、具体的に応える共生を実践する。

すべてが宣教(Ⅱテモテ4:2~5,Ⅰペテロ3:15~16,Ⅰコリント9:19~23)

あらゆる機会を通じて福音を伝え、機会を存分に活かし、常に伝道の備えをしておく。

あらゆる民族へ、全人的宣教(マルコ16:15,マタイ28:18~20,黙示録14:6~7,使徒1:8)

世界大の視野を絶えずもち、『すべての造られた者』への宣教を実践する。

DOCTRINE教理

日本福音自由教会 信仰箇条

  • 1.旧新約聖書は原典においてなんら誤りなき、霊感された神のことばであり、人間の救いについて神のみこころを完全に啓示し、すべてのキリスト者の信仰と生活の神的、究極の権威であることを信じる。
  • 2.万物の創造者であり、無限に完全であり、父、子、聖霊の三人格において永遠に存在される唯一の神を信じる。
  • 3.イエス・キリストは聖霊によってやどり、処女マリヤより誕生された真の神であり、又真の人であること、又聖書に示すとおり、十字架上にわたしたちの罪の犠牲として死なれたことを信じる。そして主は死より肉体をもって復活し、天にのぼり今は高き所にいます大能者の右に座している大祭司および助け主であることを信じる。
  • 4.聖霊のみわざが主イエス・キリストに栄光を帰し、現在の時代においては人々に罪を認めさせ、信じる罪人を新生させ、敬虔な生活と奉仕のために信者に内住し、信者を導き、教え、力づけるものであることを信じる。
  • 5.人間が神のかたちにつくられ、罪の中に堕落したために失われているものであること、また人間は聖霊による新生を通じてのみ救いと霊的生命を与えられることを信じる。
  • 6.イエス・キリストの流された血と復活がすべて信じる者の義認と救いのための唯一の基盤であり、イエス・キリストを受け入れる者のみが聖霊により新生して神の子となることを信じる。
  • 7.水の洗礼および主の聖餐が現代の時代における教会により守られるべき礼典であることを信じる。しかしそれらは救いの手段としてみなされてはならない。
  • 8.真の教会がイエス・キリストにある救いの信仰を通じ、聖霊により新生し、そのかしらであるキリストのからだに結合されているすべての人により構成されるものであることを信じる。
  • 9.真の教会の会員である者のみが地方教会会員資格をもつものであることを信じる。
  • 10.イエス・キリストが教会の主でありかしらであること。またすべての地方教会がキリストのもとに個々の業務を決定し、つかさどる権利をもつものであることを信じる。
  • 11.わたしたちの主イエス・キリストの御自身による千年王国前の、切迫した再臨を信じる。「祝福に満ちた望み」は信者の個人的生活と信仰に重大な意義をもつものである。
  • 12.死者の肉体の復活を信じる。信者は主とともなる永遠の祝福と喜びによみがえり、不信者はさばきと永遠に意識する刑罰によみがえることを信じる。
  • 以上

VISIONビジョン

画像:ビジョン300

 グレース宣教会は、2011年『ビジョン300』という宣教目標をもって新たな宣教の働きを歩み出しました。ビジョン300とは、キリストを救い主、主として信じる献身者の群れが300の箇所に出来上がることを意味します。

 使徒たちが生きていた初代教会は家庭や会堂(Synagogue)、ある特定の場所などでキリストを信じる献身者の群れが集まり、彼らによって教会が始まりました。使徒たちと初代教会のキリスト者たちは、教会の建物を建てて開拓したのではなく、福音が伝わっていない地域に入り、人々に福音を述べ伝え、そこで救われた人々の家や既に存在する場所を用いて礼拝し、交わり、また宣教の働きを進めていきました。グレース宣教会は、この使徒の働きに出てくるように、初代教会やその働きをモデルとして宣教の働きを進めてきましたし、更にこれからもこれを進めていきます。

 まだまだ、日本には多くの未伝道地域がたくさんあります。先ず、私たちが住んでいる町や隣接の教会のない町に家庭や様々な場所を用い、結び会や家庭集会、聖書勉強会、個人的またはグループの学び、交わりを通して福音を述べ伝えていきます。その地域で救われる人々の群れが増えていき、信徒献身者が起こされ、また礼拝ができるようになれば、そこは一つの献身者の群れができるのです。グレース宣教会は一箇所に集中した多くの群れや大きな建物を目指しているのではありません。もちろん、建物が要らないと言っているのではありません。必要があれば、祈りによって場所を借りたり、建てる時もあります。しかし、それが優先になるのではありません。先ず大切なのは、人々が救われ、神に礼拝する献身者の群れが様々な地域にできるということです。

 もう一つ大切な要素、この献身者の群れの教会は、必ずしもグレース宣教会に属しているとは限りません。発端はグレースになったとしても、協力教会がグレースから影響を受け、同じように展開して神の群れ、献身者の群れが各地域に広がっていくならば、それもビジョン300の達成につながります。グレース宣教会は神の国がこの地上で更に広がることを願っています。競争するのではありません。日本の教会のよき模範となり、チャレンジを与え、救われる人が起こされていくならば、これもグレースが目標としているビジョン300なのです。

 結論的に、この全ての働きは人の知恵、能力、力によらず、神の知恵、神の力によるのです。即ち、キリストを述べ伝える宣教によって成し遂げていくことができます。そこには聖霊の導きと働きがあります。恐れず、心配せず、祈り求め、主を信頼し、信仰によって福音を語って証していくと、かならずビジョン300は主によって成就され、日本でもキリストの御国が力強く広がると確信します。アーメン。

CONTACTお問い合わせ

お気軽にご相談・お問い合わせください。